コロンビア ワバシュジャケット メンズの口コミや評判!サイズ感も


寒い日が続くと外出時の服装もアウターが必須ですよね。

そこで今回紹介するのはコロンビアのワバシュジャケットです。

さすがアウトドアメーカーの商品だけあって保温性はバッチリになっています。

デザイン、カラー展開も多くあるので好みのものが見つけられると思いますよ。

サイズ感などは口コミなどを参考にしてみてくださいね。

コロンビア ワバシュジャケットの特徴


こちらがコロンビアのメンズ用のワバシュジャケットです。特徴を紹介していきます。

防水透湿機能が嬉しい!

コロンビアが独自に開発した防水透湿機能のオムニテックは、外部からの水の浸入を防いで、激しい運動によるムレを最小限に抑えてくれます。

収納用のバッグ付き

スタッフサックがついているので、携帯しやすくて便利です。

立体裁断で動きやすい

肩と肘の部分は立体裁断なのでスムーズに動くことができます。

カラーについて

カラーは、ライトグリーン/ブラック、チャコール、ネイビー、ブラック、ライトブルー、イエロー/ネイビーの6色です。

サイズについて

サイズは、S、M、L、XLの4種類です。
サイズの詳細は

S:着丈70、身幅53、裄丈87
M:着丈72、身幅55、裄丈90
L:着丈75、身幅58、裄丈93
XL:着丈78、身幅61、裄丈95

コロンビア ワバシュジャケットの口コミ・サイズ感

実際に購入した方の口コミ・レビューを紹介します。

おすすめポイント

・レインコートを買おうと思っていましたが雨の日しか使えないので普段でも着られて、風や寒い日でも保温性があり軽いものをさがしてこちらを見つけました。デザインがよいので気に入っています。

・運動時と、プライベート用に買いました。襟元がとてもかっこよく、家族からの評判もいいです。

・防水性もあり、デザインもかっこいいです。

・想像よりも軽く、とても良い商品です。長く愛用したいと思います。

・中に半袖Tシャツとフリースでバイクに乗ってみました。風が全然通らないので寒くないです。

・着心地もデザインも写真どおりでかっこいいです。通気性と防水性に優れているのでアウターとして適しています。

・とてもかっこよくて持ち運びやすくて丈夫です。夏の富士山に登るときにこれを着ました。中は厚着していましたが十分使えました。

・薄手で非常に軽いのでさっと外へ出るときに羽織れて便利です。チャックを首まで締めておけば風も通さないです。

・暑いときにはポケットを開ければ風がとおるので調整が効いて使いやすいです。

・野外フェスと幼稚園の雨の日の送迎用として買いました。とても満足しています。

デザインを気に入った方が多く、そして風や雨をしのげて軽くて便利という意見もとても多いです。

機能性とデザイン性のバランスの良いアウターとなっていますね。

サイズ感について

・150cmの息子にSを買いました。大きいのは覚悟していました。袖は伸ばすと指先まで隠れますが、袖口にベルクロテープがあるので問題ないです。制服の上に着るので大きめでよかったです。

・169cm、65kgです。中にフリースを着て、Mでジャストでした。

・170cm、60kgでSにしました。春秋で、中に着込まない人にはちょうどいいと思います。

・170cm、62kgでSがちょうど良い感じでした。

・172cm、62kgです。Mサイズでちょうどでした。

・173cmです。Mはピッタリだったため、インナーにフリースを着るのでLサイズを選びました。

・173cm、75kgのメタボ体型ですが、Lで寒い時に少し中に着込むことができるくらいのちょうど良さでした。

・173cm、75kgでLを選びました。中に長袖シャツとトレーナーでぴったりなサイズ感でした。

・174cの息子に買いました。普通体型で、Lでピッタリでした。m

・176cm、82kgでXLがジャストでした。細身の作りかなと思います。

似た体型の方のレビューを参考にしてみてくださいね。

冬用として中にフリース等を着る場合はワンサイズ大きめを、春秋で中にそんなに着込まない場合はそのままのサイズで良さそうですね。

通学時に学生服の上から着るために大きめを購入している方もいました。制服の上からですと大きい方が便利ですね。

さいごに

一着もっていたら、春、秋、冬と長く活躍してくれるジャケットです。

カラーもサイズ展開も豊富で、防水透湿機能もあり、雨、風をしのいでくれます。

デザインもかっこいいので、アウトドアの用途だけでなく、普段使いとしても大変人気となっているジャケットです。

毎年人気のこちらのモデル、早めにチェックしておいてくださいね。

メンズの春物のおすすめはこちらにまとめています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする