new 卓上 やきとり屋台 屋台横丁 三ッ谷電機の口コミレビュー!


卓上で使用する三ッ谷電機のやきとり屋台(屋台横丁)MYT-800が人気です。
家庭用として電機コードで使用するスイッチ付きの商品です。

ドンキでも売っているのを見たことがありますし、楽天やamazonの通販サイトでも人気です。

どんな特徴がある?サイズは?価格・値段は?
掃除やお手入れは楽?使用した方の口コミ・レビューは?
そんな気になる情報をまとめましたので御覧ください。

new 卓上 やきとり屋台 屋台横丁の特徴

セットで何が作れる?

本体とたこ焼きプレートと焼肉用網と脂受けトレイがセットです。
この1台で焼き鳥、焼肉、たこ焼きが作れます。

本体のサイズは?

橫36.5cm、縦14.5cm、高さ10.5cm

使い方は難しい?作り方や時間はどのくらいかかる?

自宅で居酒屋気分になれます。
目の前で焼きながら食べることができます。

使い方としては最初に、本体底面に水をはります。
そして本体バーに串を載せるようにして焼鳥を並べます。
最大で7、8本を同時に焼けれます。

調理済みの焼鳥を買ってきて、少し焼き直すだけでも
一層おいしく食べられます。

生肉の状態の場合は、7~8分で焼けてきます。
じっくりと加熱されるので、お肉の中まで
ふっくら焼き上がります。

お手入れや掃除も簡単!煙も少ない!

余分な油は下のトレーへ落ちますのでヘルシーです。
煙もほとんど出ないので室内でも安心して使えます。

やきとり屋台を実際に使用した方の口コミ・レビュー

楽天では800件以上ものレビューがありました。
紹介していきたいと思います。

おいしく食べられる

・焼鳥が家で食べれて最高です。大人2人と子供2人で焼鳥パーティー!
 子供が小さいと焼鳥店にいけないと思っていたので嬉しいです。
 楽しく食べられてビールがおいしいです。

・焼鳥を生のお肉から焼きましたが、フライパンよりも断然おいしく出来ました。

・焼きたてはとてもおいしい!

・簡単なのに仕上がりが本格的でおいしい。

・市販のものを炙り直すだけで美味しくなるのにびっくり!

・店にいかなくても熱々が食べられる幸せ!
 ネギまにして食べたらネギも甘くって美味しい。

・脂が適度に下におちるのでおいしい焼鳥になります。

・表面カリッ、中しっとりの美味しい焼鳥になりました。

煙が少なく掃除が楽

・煙は脂が下に落ちる時に出るくらいで、掃除も簡単。

・本体は熱いうちに濡らしたティッシュを箸で汚れた部分を擦ると簡単に落ちました。

・丸洗いはできませんが、ウエットティッシュ等で拭けば簡単です。

・下に水を張ったトレーがあるので煙は少ないです。

・炭火とは違うので煙がほとんど出ないのでリビングで使えます。

楽しく使える!

・子供は自分で返す作業が楽しいようです。

・じゃまにならないサイズなので焼きながら一杯飲むのが楽しい

・焼鳥以外にもたこ焼きと焼肉もできる楽しい家電です。

・焼鳥好きだけど外食があまり好きでない旦那用におうちでも
 楽しめるように買いました。
 1、2回使えればいいかと軽く考えていましたが、旦那さんが
 感激してくれたので、使う回数が増えそうです。

・いろいろなものが焼けるので、お餅や焼きおにぎりにお味噌を
 塗って焼いたりしています。このコンロを使ったレシピや料理を
 考えるのも楽しくなってきました。

・とても楽しいようで小学1年の子供が毎日やきとりやきとりと
 騒いできます。焼いてるのを見るのが楽しいのと
 熱々を食べるのが気に入ったようです。

・彼が部屋で飲む時に、つまみをこれを使って作ると楽しがってくれます。

値段や価格に対する満足度は?

・値段以上に楽しめるので満足しています。

・卓上で焼鳥できて最高です。この値段で手に入ってよかったです。

・宅飲みに最適です。値段と使い勝手を考えるととてもお得だと思います。

・火力十分でした。この値段でこのクオリティーならパーティー用として最適です。

・焼肉もたこ焼きもできてこのお値段はとても満足いくものです。

・子供がとても喜ぶので焼くのが間に合わないのでお値段も手頃なのでもう1台買います。

・価格が安いので使えるか心配でしたが、取り扱いも簡単でしたし、
 食卓の真ん中においてみんなでワイワイいいながら楽しく焼きながら
 食べられて我が家にとって最高の商品となりました。

さいごに

親戚、友人との家飲みや宴会にもオススメですね。
子供達も喜ぶ家族だんらんになります。
大きすぎないサイズもいいですし、煙も少ないので
安心して室内で使用できるのでオススメ。
パーティーグッズとしてプレゼントやコンペの景品にもいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする