サンコーの乾燥機アイロンいらーずが話題!新発想の乾燥方法や口コミも!


GetNAviの11月号を見ていて気になる商品を見つけました。

サンコーのシワを伸ばす乾燥機なのですが、シャツの形をしたエアバッグにシャツをセットして乾かすという新発想の乾かし方なんです。

シャツの形をしたエアバッグが2種類付属するので様々なサイズに対応可能です。

脱水後のシャツをエアバッグにセットして、電源を入れると吹き出し口から温風が出ます。そしてエアバッグをパンパンに膨らまし続けて乾燥とシワ伸ばしを同時におこない、約30分で終了するという方法です。

楽天 乾燥機 ランキング

楽天で人気の乾燥機のランキングはこちら
↓ ↓ ↓ ↓
CHECK!【楽天】衣類乾燥機の人気ランキング

サンコー シワを伸ばす乾燥機 アイロンいら〜ず  NRSHDRABの特徴や口コミ・レビュー

乾燥とアイロンがけが1台で!

この1台でアイロンがけをしなくてもシワが残らずに乾燥してくれる優れものです。

シャツの形状にあった乾燥バッグに着させてハンガーで引っ掛けます。乾燥バッグに温風を送ってパンパンにふくらませることでパリッと乾燥とピシッとシワ伸ばしを行うことができます。

乾燥バッグは2種類

乾燥バッグは大と小の2種類あります。
シャツのサイズが
・S~Mは小
・M~3Lは大
連動動作と180分までのタイマー機能もあります。通常洗濯のシャツは約30分で乾かすことが可能です。

面倒なアイロンがけから開放!

乾かした後のしわしわシャツにアイロンをかけるのは結構手間ですよね。急ぎで着ていきたいシャツも今から洗濯したら乾かないしシワシワだし…という時にこのシャツ乾燥機が活躍してくれます。

これを使えば短時間でパリッと乾燥、ピシっとシワ伸ばし、さらに短時間での高温乾燥なので部屋干しの臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えて嫌な臭いを抑制してくれるんです。

70~80℃の温風

約70~80℃の温風を出す乾燥機は、乾燥バッグに温風を送り込みます。YシャツMサイズを約30分ほどで乾燥させます。また、乾燥後のホカホカなシャツを冷やすための送風機能もあります。本体のスイッチで簡単に切り替え可能となっています。

また、連續動作と最長180分までのタイマー機能がついていますので、設定した時間で自動でオフにすることができます。

クリーニング代よりも安い電気代

Yシャツ等をクリーニング屋さんにまとめて出している方も多いかと思いますが、金銭的にも時間的にもこちらの商品を使えばお得になります。
クリーニングなら仕上がりに1日かかり、約200円、アイロンいらーずなら仕上がり約30分で電気代約13円ととてもお得となります。

基本的な使い方

こちらの商品の使い方は、
・乾燥機に乾燥バッグを取り付けます。
・洗濯して脱水したシャツを取り出す。
・乾燥バッグに着させる。
・乾燥機を電源コンセントにつなげて温風に合わせてタイマーをセットする。
・温風がでて乾燥バッグが膨らむので、シワを伸ばしてシャツを整える。

モニターさんや実際に購入した方の口コミやレビュー

モニターさんと購入した方の口コミやレビューを紹介していきます。

・とても満足しています。襟が少し乾きにくいのと、ワキの部分に少ししわがよるため、手でならしてしわを伸ばしています。
 温風なら20分くらいで乾くので、アイロンの手間を考えるととても楽です。

・下に機械を置き、上からはハンガーを吊るすことができる場所が限定されますが、セットして待つだけでシワ伸ばしと乾燥が完了するのでとてもよいです。思ったよりもちゃんとシワが伸びるので驚きました。面倒くさがりなのでアイロンがけをろくにやってきませんでしたが、これならちゃんとシワを伸ばそうという気になります。また、雨の日でも室内で乾燥できるメリットがあります。

・レインウェアで試してみました。レインウエアの場合、乾燥機付き洗濯機へ何度もいれると生地を痛めてしまうので、この商品を使用することで生地にダメージが加わることなくしっかりと乾燥を行ってくれます。また乾燥機そのものを使うよりもこちらの商品の方が時間も短いので良いです。

・パーツは3つだけなのでセッティングは簡単です。本体を吊り下げて使用しますが、付属のフックがあれば高さも調整可能です。仕上がりはアイロンの8割程度という感じですが、勝手にできうことを考えるとかなり上出来だと思います。使用後も本体を床置して、上部はそのままハンガーにかけておけば収納に困らないのも良いです。

さいごに

従来の乾燥機とは全くちがう新しい乾燥の仕方ですが、30分で乾燥+アイロンもしなくて良いというのはとても良いですね。

クリーニングに持っていく手間や代金を考えると、電気代もそんなにかからないため、すぐに元がとれるのでは?と思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする