コロンビアのロマビスタフーディーが人気!口コミやサイズ感について紹介


コロンビアのジャケットのロマビスタフーディーが人気となっています。

コロンビアのアウターの中でも一二を争う人気の高いモデルです。

口コミ・レビューやサイズ感等の情報を紹介していきたいと思います。

楽天 コロンビア ジャケット ランキング

コロンビアのジャケットの今の楽天での人気ランキングです。
↓ ↓ ↓ ↓
CHECK!コロンビア ジャケット 【楽天】人気ランキング

コロンビア ロマビスタフーディーの紹介

↓楽天でも上位にランキングされているコロンビアのロマビスタフーディーです。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Columbia(コロンビア) Loma Vista Hoodie ロマビスタフ…
価格:12999円(税込、送料無料) (2017/10/20時点)

サイトでもカラー毎のコーデや着こなしが載っていますので参考にしてみて下さい。

人気の理由

圧倒的な保温性と値段が安く、デザインもよいのでとても人気です。これ一枚で冬を乗り切れますし、シンプルデザインでストリートやアメカジやキレイめまでいろんなコーデに合わせられるのもポイントが高いです。

機能&ディテール

・生地表面の撥水加工で水を弾く
・裏面のポリウレタンコーティングで防水性を高めた防水素材
・裏地のポリエステルフリース素材で高い保温性!
・コロンビア独自のRADIALSLEEVEという立体裁断で肩部分が非常に動きやすい
・内側には貴重品用のセキュリティポケットやキークリップを装備

ロマビスタフーディー カラー&着こなし

カラーは、キャメル、ネイビー、オリーブ、ブラックの4色です。

↓キャメル↓

↓ネイビー↓

↓オリーブ↓

↓ブラック↓

着こなし

着た感じを正面、後ろ、橫からの画像を載せています。

ロマビスターフーディー サイズ&素材

サイズはS、M、L、XLの4種類です。

素材はポリエステル65% コットン35%です。
フリース・中綿:ポリエステル100%
袖裏地・リブ:ナイロン100%

ロマビスタフーディージャケット 口コミ&レビュー

実際に購入した方の口コミとレビューを紹介します。

ロマビスタフーディージャケット サイズ感

・173cm、65kgでMを購入し、ちょうどよい大きさです。中に着込むと少しきついかも。

・180cm、85kgの旦那にプレゼントしました。普段はXLですが、ワンサイズ小さめがよいとレビューにありましたので、Lを買いました。ピッタリで良い感じです。

・179cm、73kgで下にスウェットやネルシャツを着込んで着用するのでXLの身幅でちょうど良い感じです。センスの良いショート丈のシルエットもとてもかっこいいデザインです。

・175cm、61kgです。Mサイズを選びましたがSサイズでも良かったかなという印象です。大きめのつくりです

・180cm、65kgです。Lサイズを買いました。全体的にゆったりしていますので、同じような体型でタイトメに着たい人はMの方がいいかもしれません。

・174cm、63kgの夫の誕生日プレゼントとして購入しました。丈もちょうど良かったです。

・166cm、65kgの夫用に買いました。着丈はジャスとで腕が少し長いですが気になるほどではないです。

・169cm、73kgでウエスト86cmです。Lサイズで少しゆとりがあります。

・176cm、72kgでMサイズでちょうどでした。重ね着したい場合はLでも良いかもしれません。

暖かさについて

・グレーの柄のものを購入しました。コロンビアなのでものがしっかりしていますね。パーカーを来ていてもゆったり着れて着膨れもなく暖かいと旦那さんが喜んでいます。

・極寒の地域は別として、一般的な冬のシーズンに十分に通用するジャケットです。

・裏フリースはとても暖かいです。

・自転車通勤の旦那用に買いました。とても暖かいので下は半袖で十分と言っていました。

生地について

・しっかりとした生地で、肌触りもよくて暖かいです。

・薄くて軽い生地ですが、良品の裏地で防寒性も高いです。

さいごに

サイズ感については口コミが多かったので参考にしてください。

普通のサイズより少し大きめで袖が長めという意見が多かったです。

中に着込むか、タイトに着たいかでサイズが変わってきますので、自分はどういう風に着たいかというのを考えておく方が良さそうです。

生地や暖かさについても評価が高く、「良い買い物でした」と満足されている方の多い商品です。

こちらのモデルは毎年人気となっています。今年も売り切れの可能性がありますので早目にチェックしておいたほうがいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする